緊急事態宣言が発令されたらどうなる?余裕をもって備蓄しよう!

food-eye-catching 新型コロナウイルス

 

この記事の内容

・緊急事態宣言は4月7日に発令

・備蓄品チェックリスト

・緊急非常事態宣言発令国

 

スポンサーリンク

 

緊急事態宣言は4月7日に発令され対象は7都府県

安倍首相は緊急事態宣言を4月7日に出すことを表明し、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏と、大阪・兵庫・福岡の7都府県が対象となります。

 

期間は1カ月程度が見込まれています。

 

緊急事態宣言は、重大な被害を与える恐れや、全国的かつ急速なまん延が起こった場合に発令され、今まさに私達はその局面に立っています。

 

緊急事態宣言が発令されると、以下のような内容を、対象の各都道府県知事が行うことが可能になります。

 

発令された場合

 

・不要不急の外出自粛を要請

 

・学校や保育所の休校を指示

 

・1,000㎡を超える収容面積を持つイベント会場や娯楽施設の利用制限を要請

 

・食料品・医療用品の売り渡し命令

 

・緊急物資の輸送、配送を指示

 

・医療目的の土地・施設の強制利用

 

・医療関係者に医療を行う指示

 

・医療関係者に予防接種を行う指示

 

参考:FNN

 

 

要請→指示→命令の順で強制力が増します!

 

 

人の密集を避け余裕をもって備蓄して不要不急な外出を避けよう!

特に、地方にお住まいの方々は、今から備蓄していくことで、今後の混乱を回避することができます。

 

□をタップするとチェックが入力される、チェックリストを設置したのでお使い下さい。

 

備蓄品チェックリスト

【食品】

 水
 お米
 缶詰
 乾麺・乾物
 冷凍食品
 カップめん
 インスタント食品
 レトルト食品
 ふりかけ
 のり
 梅干し
 かつお節
 塩昆布
 塩
 砂糖
 醤油
 みりん
 みそ
 お茶の葉
 コーヒー
 紅茶
 野菜ジュース
 ビタミンサプリメント

 

【子ども用品】
 紙おむつ
 おしりふき
 粉ミルク
 離乳食
 乳児食

 

【衛生用品】
 せっけん
 シャンプー
 コンディショナー
 ボディーソープ
 トイレットペーパー
 BOXティッシュ
 生理用品
 歯ブラシ
 歯磨き粉
 ひげそり
 化粧品
 洗剤
 柔軟剤
 漂白剤
 使い捨てビニール手袋

 

【キッチン用品】
 食器用洗剤
 漂白除菌剤
 スポンジ
 キッチンペーパー
 サランラップ
 アルミホイル
 ゴミ袋

 

【その他】
 コンタクト
 くすり
 電池
 電球

 

 

関連記事

東京ロックダウン(都市封鎖)後はどうなる?海外を教訓に備えよう!
世界中で甚大な被害をもたらしている新型コロナウイルスですが、爆発的な感染拡大を食い止められない状況の中で、日本では、いまだに飲み会や花見が行われているようです。 世界中が、新型コロナウイルスの対策を講じている中で、日本国民のあ...

 

緊急事態宣言発令までに備蓄が間に合わなかった方は、混雑するスーパーでの買い物は避けて、人の波が収まるのを待ちましょう!

 

一時的に品薄になるのは、商品の陳列が追いついていないだけなので、物流は止まらないので安心して余裕を持って行動しましょう。

 

必要以上に買ってしまうことで、混乱が起きたり、本当に今必要な人に必要なものが届かないという状況が起こってしまいます。

 

海外でも、一時的な品薄はあるものの、深刻な食材不足は起こっていません。

 

何より、買い物客の混雑によるウイルス感染だけには細心の注意を払い、人ごみを避けるように心がけましょう!

 

現在15の国と地域で緊急事態宣言や非常事態宣言が発令されている!

緊急事態宣言や非常事態宣言が発令されている国は15ヵ国

 

緊急・非常事態宣言発令国

・イタリア
・パレスチナ
・フィリピン
・ハンガリー
・チェコ
・スロバキア
・モルディブ
・スペイン
・アメリカ
・ブルガリア
・リビア
・カザフスタン
・レバノン
・セルビア
・南アフリカ

 

※今現在の状況です

 

参考:NHK

 

 

緊急事態宣言や非常事態宣言の発令後に、スーパーマーケットの日用品や食料品を買いだめする動きが見られています。

 

万が一、日本全域に緊急事態宣言が発令された場合でも、同じような買いだめ現象が起こることが想定されます。

 

この記事を読んで下さっているあなたは、事前に生活必需品を購入し始めておくことをおすすめ致します。

 

まとめ

この記事は、あなたを不安にさせるためのものではなく、むしろ、受け入れがたい状況を想定しながら事前に備えていくことで安心できるように作成しました。

 

この機会に、人の密集を避けて備蓄を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

新型コロナウイルスは、無自覚に自分が感染源になってしまう可能性があります。

 

私達が、外出の回数を減らすことで、自分と他人を感染拡大のリスクから守ることができます。

 

この記事は以上です。

 

ご覧いただきありがとうございます。