あがり症を自分で治す具体的で簡単な方法をご紹介!

agarisyou-eye-catching お役立ち

あがり症は自分で劇的に改善できます。

 

大勢の人の前や、初対面、異性といった、ある特定の場面で、緊張してあがってしまうことは、誰にでもあることです。

 

私達は、自分の知らないこと、経験の少ないものに恐れを感じます。

 

自分が把握している情報量が圧倒的に少ない場合に不安になってしまいます。

 

逆を言えば、知って、経験値をあげることができれば、心にゆとりや安心感が生まれるということです。

 

あなたは、なぜ自分が緊張して、あがってしまうのかを考えたことがありますか?

 

答えは『他人の評価が気になるから』です。

 

あがり症を劇的に改善するためには、まず、自分の見られ方を知ることから始めます。

 

スポンサーリンク

 

あがり症を劇的に改善する具体的な方法とは?

presentation

1.自分の様子を動画で撮影します

新入社員の例で話を進めましょう。

人物:新入社員

場面:会議でのプレゼン

 

準備するもの

カメラ(スマホでOK)

プレゼン資料

本番当日の服装

ノート/メモ帳

筆記用具

 

動画撮影のポイント

・必ず1発撮りをする

・自然体でやる

・動画を削除しない

 

撮影手順

本番当日の服を着て、撮影準備を整えたら目をつぶります。

 

本番の会議室とそこに参加している他の社員を思い浮かべて下さい。

 

リアルに緊張感が出てきたら、当日の流れをイメージしながら録画を開始して下さい。

 

本番同様、必ず最後までプレゼンをやりきってから録画を終了して下さい。

 

2.自分の見え方を把握する

他人の視点で自分自身を観察する!

録画した動画を一度全部見てみましょう!

 

ノートに動画の感想を書いて下さい。

※どんな些細な事でも書きましょう!

 

動画で見る自分の姿はどうでしたか?

 

恥ずかしかったり、心がざわついたりしましたか?

 

あなたは今、初めて他人の視点で、自分をじっくり見つめる経験をしました。

 

知らない情報を手に入れ、経験値が上がっている最中です。

 

例え、心がざわつき、絶望的に感じられても、最初はみんなそんなものですから安心して下さい!

 

・良い点と改善点を明確にする

次は、自分の動画の良い点と改善点を明確にしていきます。

 

動画で見るポイント

・内容の構成

・声の大きさ

・テンポや間

・話す姿勢

・目線

・身ぶり手ぶり

 

ここは良いな、こうしたらもっと良くなるかも、という点を見つけてメモして下さい!

 

3.動画とメモを見ながら台本を作る

順を追ってここまでくると、全体の構成が把握できて、いろんなアイデアが浮かぶので、それを踏まえて台本を作って下さい。

 

台本と言っても、本のもくじのようなもので構いません。

 

台本の例

・あいさつ

・はじめに

・プレゼン内容

・質疑応答

・まとめ

 

台本が完成したら、改善点も踏まえて、もう一度、動画を撮影して下さい。

 

撮影した動画をじっくり観察し、もう一度評価し、撮りなおすを繰り返します。

 

※1.撮影は止めずに最後まで、2.動画は消さない、この2点は守って下さい!

 

あがり症を劇的に改善する方法のコツとは?

角度を変えながら自分を撮影する!

camera

 

角度を変えながら自分が一番よく見える角度で動画撮影を行って下さい!

 

いろんな角度からあなたを観察してみましょう!

 

どこから見られてもあなたは自分の見え方を知っているので、他人の目線が気にならなくなります!

 

何度も自分の動画を見て観察して違和感をなくす!

最初は、心がざわついたり、嫌な感じがしたとしても、だんだん慣れてきます。

 

自分を他人の視点で見ることに慣れるまでとことん自分を観察しましょう!

 

自分の動画を見ても、心のざわつきや、嫌悪感がなくなっていれば、人の目線が怖くなくなります!

 

何度も撮影改善を繰り返すこと!

最初からうまくいく人は殆どいません!

 

堂々として緊張しない人でも、最初は、鏡や動画を使ってスピーチの練習をしています。

 

あなたが、自分の動画を見て、このプレゼンいいなと思えた段階で、緊張を通り越して『何か大丈夫かも!』という気持ちに変わっています。

 

内容も角度も、納得できる動画が撮影できたら、感想をメモ帳に書いて下さい。

 

1本目の動画とその動画を見比べて、それぞれの感想も比較してみて下さい。

 

あなたは、自分の変化と上達ぶりにきっと驚くと思います。

 

プレゼンまでは、完成した動画を何度も見て、あなたの堂々とリラックスした最高の姿を頭に刷り込んで下さい!

 

まとめ

あなたが、他人の視点から見る自分の姿を受け入れていれば、人前に出ても、人の目が怖いという現象がなくなります。

 

本番中にあがってパニックになるということは完全になくなります。

 

むしろあなたは、リラックスした状態で自分の意見を堂々と人前で伝えられていて、その状況を楽しむことができています!

 

撮影・観察・改善のプロセスを納得いくまで繰り返すことで、あなたの中に安心感が芽生えてきます。

 

あなたは、自分の見え方を知り、経験値も上がって驚くほど心が落ち着いて、本番を迎えられます。

 

もし、あなたが、人前に出ることが決まっていて、夜も眠れず不安な状態なのであれば、私の方法を真剣に試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事は以上です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク