アドレスホッパーとは?宿泊費用・住民票・税金・持ち物・長所と短所まとめ!

address-hopper-eye-catching 話題
この記事の内容

・アドレスホッパーとは?
・こんな人におすすめ!
・毎月の宿泊費用について
・住民票、税金、郵便物について
・持ち物、荷物について
・メリットとデメリット

 

スポンサーリンク

 

アドレスホッパーとは?

アドレスホッパーとは、特定の家を持たず、ゲストハウスやホテルを転々としながら暮らすライフスタイルを表す造語です。

 

島を転々と移動して暮らす「アイランドホッピング」が語源で、住むところを転々とする「アドレスホッピング」となったようです。

 

最小限の荷物(生活必需品)で、自由に好きな場所で寝泊りして、職場に出勤し、仕事をこなして、また好きな場所に帰っていく、毎日が小旅行のような暮らしです。

 

不用品ネット宅配買取はこちら

 

アドレスホッパーはこんな人におすすめ!

 

こんな人におすすめ!

・出張が多い人

・ミニマリスト

・特定の場所に縛られたくない人

 

特定の家を持たないことで、場所に縛られず、毎月の生活コストを大幅に削減できる場合があります。

 

アドレスホッパーの宿泊費用は?毎月お金はいくらかかるの?

 

毎月の生活費は?

 

Aさんの場合:約7万円

アドレスホッパー歴:半年

主な宿泊先:ネットカフェ、サウナ

1日の宿泊費:平均2,300円

 

Bさんの場合:約8万円

アドレスホッパー歴:1年

主な宿泊先:ドミトリー、ゲストハウス

1日の宿泊費:平均2,500円

 

Cさんの場合:約12万円

アドレスホッパー歴:2年

主な宿泊先:ビジネスホテル

1日の宿泊費:平均3,900円

 

アドレスホッパーの住民票・税金・郵便物はどうしてるの?

アドレスホッパーの住民票はどうしてるの?

 

住民票はどこにある?

 

Aさん:実家

 

Bさん:シェアオフィス

 

Cさん:シェアハウス

 

 

アドレスホッパーの住民税はどうしてるの?

住民税はその年の1月1日に居住していた市区町村で課税されることになっています。

 

つまり、1月1日に住民票が実家にあって、別の場所に住んでいた場合は、そちらの自治体に納税することになります。

 

アドレスホッパーの郵便物はどうしてるの?

免許更新や重要な書類は住民票住所に届きます。

 

シェアハウスやシェアオフィスで郵便物は受け取り代行を行ってくれますし、ネット通販の受け取りは、最寄りのコンビニで受け取っているそうです。

 

アドレスホッパーの荷物は?持ち物が気になる!

荷物紹介動画

引用:AbemaTV ニュース

 

生活必需品のみとはいえ、毎日持ち歩くのは大変そうですね?

 

衣類は最小限なので、毎日洗濯乾燥が大変そうです!

 

アドレスホッパーの 長所と短所は?

 

長所(メリット)

・毎日が新鮮で新しい

・出会いや人脈が広がる

・場所や時間にとらわれない

・自由度が高い

・生活力や行動力が身につく

 

短所(デメリット)

・宿探しや手配が面倒

・宿が取れない場合がある

※ネットカフェ泊になる

・地方では不向き

※宿泊可能な施設が少ない

・寝坊ができない

・洗濯が面倒で乾かないときが大変

・基本は外食

・靴のすり減りが凄い

・風邪や体調不良のときは困る

 

アドレスホッパーは気軽で自由な生活のように見えて、いろいろと不便な点もあります。

 

まとめ

アドレスホッパーに興味がある人は、ミニマリストや、バックパッカー経験者、旅好きに多いと思います。

 

ただ、家賃や光熱費を安くしたいという理由だけで、アドレスホッパーを検討されている方は考えなおした方がいいです!

 

アドレスホッパーは、自由で縛られない気軽なライフスタイルのように思われがちです。

 

しかし、住民票を得るためのシェアオフィス契約や、大荷物での移動、手洗い洗濯、毎日の宿探し、郵便物の受け取りなど、不便を強いられることが多いです。

 

アドレスホッパーは、出張でほとんど家に帰れないような人や、毎日、新鮮な体験や出会い、刺激を求めている人にはかなりおすすめです!

 

バックパッカーを夢見ている人が、アドレスホッパーを事前に経験してみるのもいいかもしれません。

 

この記事は以上です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク